映像をスムーズに見られるパソコンとは?

ビデオオンデマンドの普及によりパソコンで動画を見る人が増えた

最近、ビデオオンデマンドと呼ばれるサービスが増えています。これはどのようなサービスかというと、インターネットを通じてパソコンを使い、映画やドラマなどを見るというものです。基本的に有料で、毎月決まった金額を払えば何万本も用意されているビデオを自由に見られたり、また、レンタルビデオと同じように、数百円を支払うことで一本のビデオを決まった期間だけ見られるといった仕組みになっています。
ビデオオンデマンドが増えた理由としては、ブロードバンド回線が普及して高画質でファイルサイズの大きい動画を配信できるようになったこと、そして、パソコンの性能が上がり、ハイビジョン動画でも問題なく再生できるようになったこどが挙げられます。

ハイビジョン画質の動画をスムーズに再生させるためには

では、ハイビジョン画質の動画をスムーズに見るためには、どれぐらいのスペックのパソコンが必要になるのでしょうか。鍵を握るのはCPUとビデオカードです。
CPUはマルチコア以上のものが必須になるでしょう。シングルコアのCPUでも動作クロックが高ければ再生できるかもしれませんが、動画閲覧以外の作業がまったくできなくなる可能性があります。なぜかというと、コアが一つしかないため、すべての能力が動画再生に使われてしまうからです。
ビデオカードはそれほど高級なものでなくても構いません。大事なのは動画再生支援機能が搭載されているかどうかです。これがあると、ハイビジョン画質の動画をスムーズに再生できる可能性が高いです。

© Copyright Components Data. All Rights Reserved.